Targeted Risk Assessment(TRA)

ECETOCのTargeted Risk Assessment(TRA)ツールは、化学物質に対する作業者、消費者、および環境の曝露リスクを計算します。 このツールは、欧州委員会が制定したRegulation on Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals(REACH)規制において、消費者および作業者の健康リスクを評価するために推奨されるアプローチとして特定されています(ECHA, 2010a,b)。

ECETOCは、TRAユーザーのフィードバックに応えて、消費者製品の使用頻度が低い場合を考慮できる機能を追加することで、モデルの消費者部分を改善しました。 ECHAと共同開発した変更部分は、TRAの現行バージョンである3.1に反映され、Chesarのバージョン2.3にも反映されています(https://chesar.echa.europa.eu)。

変更理由の詳細な説明は「ECETOCテクニカルレポート114」(ECETOC Technical Report No. 124として発行)に記載されています。このレポートには、ECETOCがTRAで経口、皮膚、および吸入曝露を予測するために「transfer factors」をどのように導入したかについても明確に記述しています。 これらの改善により、DUCC Specific Consumer Exposure Determinants(http://www.ducc.eu/Activities.aspx)のような開発に見られる情報も適切に処理できるようになりました。

特定のenvironmental release class(SpERC)更新リストと、単独物質のデータセットのエクスポートとインポートを可能にした機能改善は、バージョン3.1へのアップデートで反映されました。 バージョン3.1は、統合モデルおよび消費者部分のスタンドアロンパートのどちらでも用意されており、アップデートされたツールのユーザーガイドやECETOC TRAテクニカルレポートと一緒にこのウェブサイトからダウンロードできます。

ECHA. 2010a. REACH Technical Guidance on information requirements and chemical safety assessment, Chapter R14:Occupational Exposure Estimation. European Chemicals Agency, Helsinki, Finland.

ECHA. 2010b. Guidance on information requirements and chemical safety assessment, Chapter R15:Consumer Exposure Estimation (Version 2, April 2010). European Chemicals Agency, Helsinki, Finland. Addendum to TR114 :Technical Basis for the TRA v3.1 (June 2014)

 Linked In のTRAユーザーグループ

linkedinicon